2017年03月03日

クレジットカードの最適化

クレジットカードは毎月全額返済する限り、支払いを1ヶ月ほど遅らせるしポイントも付与されるので、大変便利な道具だ。ただ、カードによって年会費や還元率が異なり、それも時が経つに連れて変更もされるので、利用方法が最適かどうか見直す必要がある。

我が家で利用している主なカードは次の通り。

American Express Blue Cash Preferred Card

還元率はスーパーマーケット6%、ガソリン3%、それ以外1%。年会費95ドル。

Amazon Rewards Visa Signature Card

還元率はAmazon.com 3%、それ以外は省略。年会費無料。Amazon Prime会員だと還元率が5%になる。

Costco Anywhere Visa Card

コスコは2016年にアメリカンエクスプレスとの提携を解消し、Visaと新たに提携したことで導入されたカード。コスコの会員になる必要があるが、それ以外の年会費は無料で、還元率はガソリン4%、レストランと旅行関係(航空チケット・ホテル・タクシーなど)3%、コスコ2%、それ以外1%。外食や旅行が多い我が家では重宝している。

Fidelity Rewards Visa Signature Card

年会費無料、還元率は一律2%と単純な仕組み。また、海外利用時の為替手数料が無料。フィデリティも2016年にアメリカンエクスプレスとの提携を解消したが、Visaに乗り換えた後もクレジットカードのサービスに変更はなかった。

Capital One Venture Visa Card

還元率一律2%、海外利用時の為替手数料無料とフィデリティと似ているが、年会費59ドル。フィデリティのカードを作る前はメインカードだったが、最近はほとんど使っていない。いずれ解約予定。



これをを見ても分かる通り、最適な利用方法はスーパーはアメックス、アマゾンはアマゾン、ガソリン・外食・旅行はコスコ、それ以外はフィデリティということになり、実際にそう使い分けている。最近はコスコで食材を買うことが多くなったので、アメックスの6%キャッシュバックが年会費95ドルに見合うかどうかはやや疑問である。単純計算によると、年間1584ドル(月132ドル)スーパーで買い物をするなら割に合うが、今年はそこまで行かないかもしれない。
posted by Alexis at 04:22 | 節約 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ブログパーツ