2016年06月13日

マイナンバー、住民票、年金

マイナンバーがないと金融機関の口座開設や海外送金ができないことがありうると聞いたので、次回の来日時には転入手続きをしてマイナンバーを取得する予定である。(もうかれこれ8年あまりアメリカに居住しているが、来日時はただ滞在していただけで住民票は入れていなかった。)

さて転入手続きをするデメリットは、国民年金と国民健康保険が強制加入となることである。(個人的に国営の年金制度に魅力を感じないので)何とかならないかといろいろ調べたところ、国民年金は免除制度があることがわかった。それによると、扶養家族のいない場合、前年所得が35+22=57万円以下だと、全額免除になるそうだ。幸い、最近は来日してもアルバイトは最低限にしているから、この基準は簡単に満たすことができそうだ。

年金で思い出したのだが、受給資格を得るには通算25年加入していないといけないが、海外滞在中は任意加入となり、加入していなくても合算対象期間には数えてくれるらしい。ただし、妻の「ねんきん定期便」によると過去8年間の加入履歴が穴だらけだったので、パスポートを持って年金事務所に出向いて合算対象期間を証明する必要がありそうだ。
posted by Alexis at 06:58 | 経済関連の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ブログパーツ