2015年04月13日

入試業務1

以前、「外部オプションとしての留学」で、憶測を交えて大学院の選考過程について述べた。今年は勤務先のUCSDで大学院の入試業務に携わったので、内側から見ることができた。今回はその経験について書いてみたいと思う。

入試業務に関わるまで知らなかったのだが、競争率の高いこと高いこと。定員20人に対して800人ぐらいの応募があった。UCSDは州立大学なのでアメリカ人を優遇しており、応募人数はアメリカ人200外国人600ぐらいだが、入学時点で10人ずつになるように合格者を決めている。さらに、アメリカ人の方が入学を辞退する傾向にあるので、合格者はアメリカ人40人、外国人20人ぐらいである。したがって実質的な倍率(応募者に占める合格者の割合の逆数)はアメリカ人5倍、外国人30倍である。

選考委員会は5人からなり、各願書を二人が審査するので、単純計算で一人あたり320人が割り当てられる。言わずもがなのことだが、我々はそれなりに忙しいので、一つ一つの願書をじっくり読んでいる時間はなく、1つに割けられる時間はせいぜい5分から10分ぐらい。なので合格するには「他の出願者から際立っているとすぐ分かる願書」を作ることが非常に重要だ。

では、我々は800人の願書をどのように処理しているのだろうか?知られざる選考過程の裏側を紹介しよう。

出願締め切りが過ぎると、まず事務職員がGREとTOEFLの点数をチェックし、「暫定合格」(700人ぐらい)と「暫定不合格」(100人ぐらい)に分ける。但しこの過程は厳密ではなくて、足切りを受けた願書も選考委員の一人が軽く目を通し、宝が埋蔵されていないかを見る。「暫定不合格」でも目を引いた願書は「暫定合格」に移されるが、「暫定不合格」に留まった願書は正式に不合格になる。

次に、アメリカ人と外国人では合否判定基準が異なるので、二つに分ける。その上で、願書は出身大学によってランク付けされる。これは、似たような大学出身の願書をひとまとまりにすることによって判断しやすくするためであって、必ずしも低ランクの大学を差別しているわけではない。ランク付けといってもおおまかで、国ごとにTier 1, 2, 3, 4の一覧表があり、日本だとTier 1は東大・京大・一橋・早慶などといった調子である。(実は京大はTier 2に分類されていたのだが、私が間違いを指摘してTier 1になった。尤も、日本人の出願者は非常に少なくて、ほとんど皆東大出身だったので影響はなかったのだが。)

似たような成績及び推薦状があれば、ランクの高い大学出身者を優先するが(大学の成績は相対評価なので、同じAでも高ランク大学のAの方が価値がある)、逆にTier 1大学の5位の学生とTier 2大学のダントツ1位の学生では、後者に軍配が上がる気がする。それはさておき、こうして分類された願書が我々審査官に割り当てられるのだが、それは次回。
posted by Alexis at 09:51 | 学習関連の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ブログパーツ