2014年11月15日

米国は杜撰か?

経済学のPh.D.を取るために渡米してすぐの2008年8月末。Yaleで英会話の試験を受けた。ネイティブでない人はPh.D.3年生になるまでにこの試験に合格しないと、TA(teaching assistant)などとして雇ってもらえない。試験形式は、地図が渡されて道を説明するように求められたり、店での価格交渉の場面を想定して交渉を纏めたりというもので、会話能力だけでなく演技能力も求められるからとても難しく感じた。しかも、生身の人間にではなくテープレコーダーに向かって話すので奇妙だ。(一方通行の交渉なんて実際には存在しないから。)

60点満点で50点以上が合格なのだが、結果は丁度50点で合格。日々の講義などで忙しいので語学になど構っていられないと思っていたので、合格して嬉しかったのを覚えている。交渉場面の想定では「あなたに価格を決める権力はありません。上司と代わって下さい。」と非常に現実的な答えをしたのが奏功したのだろうか。 (この問題の回答時間は1分ぐらいあったのだが、こんな返答だったので数10秒で終わってしまった。)

同級生の一人と英会話の試験について話していたとき、彼は「maxは50点だった」と言った。私は満点は60点であると確信していたので、「いや、60点だ」と答えた。その後2回ぐらい「50点」「60点」の応酬が続いたが、漸く彼が同級生のMaximillianに言及し、私が点数の最大値 (maximum)に言及していたことが分かった。同級生には「君は変な数学の問題ばかり考えているからね」と冗談を言われてしまった。

別の同級生の一人はテープレコーダーの不具合で再試験になってしまった。ここでも米国は杜撰だった。

杜撰と言えば、テストの後暇だったので社会保険事務所に行って社会保障番号が一ヶ月以上も待っているが届かないと言った。本音は社会保険事務所の不手際に大して憤っている(社会保障番号がないとクレジットカードも運転免許も作れないため、大いに不利益を被っている)のだが、組織の末端の事務員に文句を言っても得るものは何もない(寧ろ逆ギレされて門前払いされる可能性すらある)ので、「6週間前に応募したものの、番号が届かないが、どうなっているのか」と事実だけを述べた。結果は予想通り、社会保険事務所が私の書類を処理するのを忘れていただけだったのだが、米国人は一般に自分の責任を認めないので、「今から1-2週間で番号が届くはずです」と言われただけで謝罪の言葉はなかった。まあ、この国の杜撰さにはもう慣れてきた頃だったので、想定の範囲内だったが。

他にも米国の杜撰さについて面白い話を聞いたので披露しよう。

知り合いの韓国人が携帯電話の契約をした際、身分証明書としてパスポートを提示した。彼の本名はLee Jihyungなのだが、電話会社から送られてくる請求書の名前はJihyung Seoulになっているそうだ。そうなった理由は、パスポート上で名前と出生地が隣に載っているので、携帯電話会社の事務員がSeoulを名前と勘違いしたことにある。一般の米国人の知的水準を考えると、彼らはソウルが韓国の首都であることは勿論、韓国がどこにあるかすら分からないのかもしれない。(案外、「アフリカという国がある」と思っていたりして。)
posted by Alexis at 07:23 | 小話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ブログパーツ