2016年03月07日

格安な詐欺

サンディエゴに住むようになって数年が過ぎようとしている。すっかり平和ボケし、通りを歩いても誰かにつけられていないか、など気にして後ろを振り向くようなことはなくなった。

しかしながら、そんな私も渡米したての頃にはかなり用心していたものだ。にも関わらず、詐欺にあったことがある。

New Havenに着いてすぐ、住む予定のアパートの改装が終わらず、私はしばらくホテル住まいをしていた。そのホテルには送迎サービスがあり、シャトルが大学からホテルを行き来している。だが、その送迎サービスは20時半に終わる。しかし、New Havenは治安が良いとは言えないので、18時から朝7時の間は大学のEscort Serviceに電話すれば、キャンパスの指定した場所から自宅など他の場所に無料で送ってくれるシステムがある。(素晴らしい!)但し、本来は私のホテルは遠すぎて管轄外なのだが、アパートが改装中という特殊事情があったので問題なく利用できた。よって20時半を過ぎた場合でも、私は無料でかつ安全にホテルへ帰ることができた。

この日、同級生が(アメリカ人らしく)バーベキューを計画し、クラスの21人中16-17人が大学の寮の庭に集まってビールを飲んだり肉を食ったりした。寮の庭というと、日本では今は無き東大駒場寮などを想像して眉を顰めるかも知れぬが、Yaleの大学寮はゴシック形式の美しい建物で、広々とした中庭に青い芝生が茂り、雰囲気はいい。

そしてバーベキューは20時前にはお開きとなった。私が詐欺の被害に遭ったのはそのときである。20時半前だったので、当然ホテルの送迎サービスはあり、私はホテルに電話して依頼した。しばらくすると、指定した場所にタクシーが現れた。いつもはホテルのロゴの入ったミニバンなのに、今回はタクシーなので、些か怪しいとは思った。しかし、タクシーの運転手が Premier Hotelとか言うから、ホテルが何らかの事情でミニバンを手配できなくて、代わりにタクシーを手配して遣したのだろうと勝手に想像して乗り込んだ。

運転手は意外に気さくで、どこから来たかと言う。日本と答えると、アクセントが日本じゃないじゃないかと言う。カナダのフランス語圏からも来ていると答えると、自分の祖父の代まではフランス語が話せたなどと言う。(運転手は黒人だったので)ハイチかどこかの移民かと訪ねると、ルイジアナ州出身だと 言う。Louisianaはルイ(14世)の地という意味だから、18世紀までフランス領で、3世代ぐらい前までフランス語を話す人が残っていたとしても不思議ではない。

さて、そうこうしているとホテルに着く。メーターは11ドル69セントを示している。タクシーはホテルが手配したと考えていたので、タクシー代はホテルが支払うのかと運転手に尋ねると、彼は知らないと答える。私はちょっと待てと言ってフロントで事情を説明すると、そんな話は知らない、ミニバンが迎えに行ったと言われ、ここに至って、漸くタクシー運転手に騙されたことに気がついた。騙された方が悪いので一応料金を支払おうとするが、財布には11ドルしかない(注:アメリカではタクシーにも15%程度のチップを払う)。運転手にATMで下ろしてくるよと言うと(自分でも呆れるが何というバカ正直さか?)11ドルでいいとか言う(詐欺なんだからもらえるだけで満足なのは当然だ)。結局11ドルだけ支払った。

後でよく考えてみると、騙したんだから1セントも払わないぞと強気に出てもよかったと後悔した。まあ、11ドルという格安料金で詐欺被害の社会経験を積めたのでよしとしよう。
posted by Alexis at 06:58 | 小話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ブログパーツ