2014年11月14日

東大とYaleでの勉強量

東大の経済学修士時代2006年から2007年頃)、ある先生が 「110時間、週70時間勉強しなさい。私は大学院時代週80時間勉強していました。」 としばしば授業で言っていた。当時私は大学院の傍ら週40時間ぐらい医者のアルバイトをしていたので70時間勉強するのは到底不可能で、可能だったとしても尋常ならざる集中力を要するだろうと思っていた。

ところがPh.D.のためにアメリカに来てみるとそれは全然難しくないことが分かった。YaleでのPh.D.1年目では、ミクロ経済学、マクロ経済学、時系列解析(計量経済学の一部)、金融理論、測度論(こちらは数学科の授業を趣味で取った)5教科週15時間の講義に加え、毎週3から4教科で宿題が出るので、寝るのと授業に出るのと宿題をやるのと以外、殆ど何もしていない日々が続いた。週末も家から一歩も外に出ずにずっと宿題をやることもあった。従って、勉強時間は週100時間ぐらいになっていたと思う。

このように、四六時中経済や数学のことを考えていると、それらが夢にまで出てきて熟睡できない。保有している債券(株ではなく)が20%下落するというかなり現実的な悪夢を見たり、他にも、可算個の集合演算を延々と行なう夢(明らかに、測度論を勉強していたことに起因する)を何度も見たりした。

宿題を早く終わらせて熟睡できるようになりたかったのだが、1つの宿題が終わったところですぐまた別の宿題が出るのが目に見えているから、熟睡は長期休みまでお預けといった具合だった。こんな生活はPh.D.2年目まで続いたのであった

今から振り返って見て、それが辛かったかというと、特にそんなことはない。そもそも好きでPh.D.を取ることに決めたわけだから、始めから勉強することに抵抗はなかった。それに、与えられた課題をこなすのは 「解答が存在することが予め分かっている」 点において先が見えているので、それほど難しくはない。

つまりアメリカの大学院の1年目は高校生の受験勉強みたいなものなのだ。

posted by Alexis at 06:28 | 学習関連の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ブログパーツ