2014年10月27日

2007年カナダ旅行記(1)

2007年9月にカナダの東海岸を旅行したときの旅行記を再利用します。

9月下旬の航空運賃はゴールデンウィークや7, 8月よりは安いが、それでも年間を通じて考えれば比較的高い。そこでいろいろ検索して、最も安いノースウェスト航空を予約した。(注:ノースウェスト航空はその後デルタ航空と合併し、現在は存在しない。)ノースウェスト航空は幼少の頃何度も乗ったことがあり、サービスの悪さからノースワーストと揶揄したものだ。この点とアメリカを経由する煩雑さ(入国税や指紋の採取)から私は正直言って嫌だったのだが、エアカナダより3万円ほど安かった上に後者に空席がなかったので已む無くそれにしたのであった。ところが燃油サーチャージが発生し たり、出発時間が何度も変更になって旅行2週間前になって突如帰国便の乗り継ぎができないことが発覚し、久々に怒りを覚えた。旅行会社の担当者の話ではエアカナダに空席が発生したとのことだったのでそれに即断した。ノースウェストへの信頼はこれだけ失墜したので、もう二度と乗ることはないだろう。

エアカナダは昔はもっとサービスがよかったと記憶している(最後に乗ったのは2004年の2月)が、今回は食事のレベルも下がったし、ワインがAOCではなくvin de paysで些か失望した。原油価格の高騰から仕方ないのであろうが。

私は30回ほど海外旅行し、単独個人旅行でも10回は超える自他ともに認める旅行のプロだが、ゴルゴ13が決して失敗をしない狙撃のプロであるのとは異なり、私は時に失敗する。例えば、2004年のチリ旅行では現金の確保の方法で失敗したし(日本円を両替して多大な手数料が発生してしまった。発展 途上国の通貨は手数料が高いので、クレジットカードを使ってATMから引き出すべきだった)、トルコ旅行では感染性胃腸炎や喘息を発症し体調管理が万全で なかった。今回の失敗は、レンタカーの保険である。今回はMontrealからHalifaxまで2471kmを8日間で移動したので、交通手段はレンタ カー以外に考えられなかったが、海外でレンタカーを借りるのは初めてだったので知識の蓄積がなかった。レンタカーを借りる際、保険はどうするかと訊かれ た。保険の内容は何かと問うと、事故の際の対人・対物の損害賠償や自分の医療費などという。日本のレンタカーではこれは強制加入だし、必要な保険だから深 く考えずに加入し、1日当たり28ドルを消費した。次に運転手の追加(妻のこと)に1日11ドルかかると言われた。更に、故障などによるレッカー代等の保 険に1日5ドル、乗り捨て料金で199ドルかかると言われた。レンタル料金自体はマイルを使ったので無料だったが、諸々の出費で600ドル以上かかり憂鬱だった。Montrealの叔父を訪問したとき、保険が高かったという話をすると、保険会社はあれこれ加入させようとするから必要なものだけにしないとい けないよ、例えばクレジットカードの保険もあるわけだしと言われた。確かにそうだ。私のクレジットカードは海外旅行保険がついているので、1日28ドルの 対人・対物の損害賠償や自分の医療費の保険は全く不要だった!また、初日と最終日は私しか運転する必要がなかったので、運転手の追加も2日分減らすことができた。次回海外でレンタカーを借りるときには気をつけよう。

9月30日の午前にMontrealの叔父を訪問した後、250kmほど離れたQuebecまで走って、祖母や叔父・叔母と伝統的なレストランで夕食を伴にした。私はジビエとジャガイモのパイにした。(日本人の口には合わない気がするが、カナダの伝統料理。)妻は野鳥とメープルシロップ入りのポー クビーンズだった。祖母は7月に直腸癌の手術をしたが元気そうでよかった。

10月1日の午前から午後にかけてQuebecの旧市街を観光した。Quebecは世界遺産だけあって何度来てもいいところだと思う。昼はブル ターニュ風のクレープを食べ、ピスタチオのアイスクリームをデザートにした。16時頃にガスペ半島に向けて走り始めた。200kmほど離れた Riviere du LoupでSt-Hubertというローストチキンのチェーン店(ケベック州とニューブランズウィック州にしかないが、昔から大好物だ)で夕食を済ませ、更に100km走ってRimouskiのモーテルに泊まった。

RIMG0018-thumbnail2_mini.JPG
posted by Alexis at 06:45 | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ブログパーツ