2014年10月25日

最強塩基

だいぶ前のことになるが、埼玉県ときがわ町にある都幾川温泉に行った。ときがわ町は私の実家がある町の隣町で、電車で一旦実家に行ってから車を借りて温泉まで運転した。都幾川温泉は日本最強のアルカリ性の温泉で、 pH11.3もある。化学の実験で使う水酸化ナトリウム溶液が確かpH12ぐらいだから、それに匹敵するレベルの強塩基。

入る前に温泉分析書を読むと、陽イオンはNaとCaがほぼ50%ずつで特記すべきことはないが、陰イオンは炭酸イオン(炭酸水素イオンではない!)が75%ほど、水酸化物イオンが25%ほどで、見るからに溶けそうな内容であった。実際、湯に入ると、途端に肌がつるつるになった。北海道最強のアルカリ泉であるオソウシ温泉(pH10.28)はベトベトする感じがあったが、こちらは意外にあっさりしている。オソウシ温泉はフッ化物イオンやマグネシウムイオンが入っていたのが違いの理由かもしれない。


都幾川温泉は湧出量が4l/minと非常に少なく(因みに湧出量から見た「いい温泉」の目安は、湧出量(l/min)を1日の入浴人数で割った値が1以上のものである。この「一人当たり湧出量」が10を超えるものは非常に素晴らしい)、泉質を維持するために入浴は完全予約制で1日4組限定であっ た。料金は温泉にしては非常に高いが、なかなかの水準の食事(岩魚の塩焼きが美味であった)もついているし、貸切だし満足の行く内容であった。部屋には立体パズルが置いてあって、成功すると柚子ジュースがおまけでもらえるが、パズルへの興味と吝嗇根性で風呂の後直ちにそれに取り掛かり見事ジュースを頂いた。


高いので当分は行かないと思うが、温泉マニアには是非お勧めする。



RIMG0241-thumbnail2_mini.JPG
【温泉の最新記事】
posted by Alexis at 06:31 | 温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ブログパーツ