2012年07月23日

外部オプションとしての留学

日本が政治的・経済的に混迷を続けて早20年、今後も当分それが続くと思われるが、個人はそれにどう対処したらいいだろうか?

金融資産の国際分散投資が望ましいのはインデックス投資をする理由でも述べた通りだが、人的資本(稼ぐ能力のこと)も国際分散するに越したことはない。ほとんどの日本人の人的資本は日本でしか役立たないが(日本語は外国では通用しない、各種の国家資格は国内でしか通用しない、など)、世界で通用する能力を持って損はないし、いざというときのための外部オプションを持つことで心の安寧を得られる。そのための有力な手段が留学だ。

アメリカのトップ20ぐらいの大学院で数学・物理・経済・ファイナンスなどのPh.D.を取得し、ヘッジファンド・投資銀行・コンサルティング会社などに就職すると(引く手あまたで就職には困らないはず)、初任給で年間20万ドル(1600万円)ほどもらえる。日本で大学院を出てもせいぜいその半分しかもらえないから、差は歴然としている。日本で(若くから)それだけ稼ごうとすると医者か弁護士になるしかなさそうだが、どちらもほぼ国内でしか通用しない資格で、人的資本の分散投資には使えない。私が留学したのも、それが最大の理由だ。

ではどうやって留学するか。アメリカの大学院には入学試験はなく、書類選考のみで、
  1. 推薦状3通
  2. 大学の成績
  3. GRE, TOEFLの成績
  4. Statement of purpose (希望理由)
を提出することになっている。このうちStatement of purposeは形だけでほとんど意味がなく、GREのverbalも外国人はどうせできないので参考にされない。TOEFLは足きりに使うだけだろう。GREのquantitativeは日本の中学レベルの数学なので、殆どの入学希望者は満点近くを取るため、これも足きりにしか使わないと思われる。従って合否は推薦状と大学の成績でほぼ決まるが、大学院の入学倍率は20倍ぐらいなので、合格するには他の受験者から抜き出る必要がある。
 
推薦状で重要なのは内容もさることながら、誰が書いたかだ。アメリカの大学院は研究者の養成を第一目的と考えているので、研究者以外の書いた推薦状はあまり意味がない(MBAなら別)。研究者であっても業績がなかったり(=英語の発表論文がなかったり)所属大学が無名では信憑性がない。従って、有名大学に在籍していて業績のある研究者に推薦状を書いてもらう必要がある。また、応募者はみな優秀だから、推薦状の内容も「学業優秀、スポーツ万能、人格も優れ…」と抽象的では読む側にインパクトを与えないので、具体的にどう優れているか(どの授業で何位だったとか、当大学出身でこのぐらいの成績の場合はその後優秀な研究者になる傾向にあるとか)を書かなければならない。
 
大学の成績で重要なのは、応募するプログラムと関係のある授業で優秀な成績を取ることと、数学である。大学の専門と、大学院で専門にしようとしている分野が(私のように)異なるのは、強い信念を持っていないとみなされて一般にマイナス要素である。ただし、数学ができればある程度挽回できるので、推薦状や成績表でそれを証明する必要がある。社会人経験があることも、やはり信念が弱いとみなされて一般にマイナス要素だが、関連分野(経済だったら銀行・証券会社・コンサルティング会社など)で2年ほど働くとプラスのこともある。あと、アメリカの大学院の入試担当者は日本の大学のランキングなど知らないので、東大・京大出身が有利であることは言うまでもない。
 
このように、アメリカのトップ20の大学院に入るのは至難の技なのだが、アメリカのよいところは誰にでも門戸が開かれていることで、直接留学する以外に「下克上」する方法がある。ランクの低い大学にまず入り、1年間在籍する間にめざましい成績を上げれば、その大学の成績表と推薦状をもらってランクの高い大学に転校することが可能だ。ランクの低い大学は基本的にお金さえ払えば入れるから、あとは本人の努力次第だ。
posted by Alexis at 16:48 | Comment(0) | 学習関連の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ブログパーツ