2012年07月20日

素人が学者の質を判断する

ある専門分野について何も知らない素人が、その分野の学者のレベルを判断することができるだろうか?

これは難しそうに見えて、実は非常に簡単だ。おおまかに言って、次の基準で判断できる。
  1. 専門分野の査読論文を国際的なジャーナルに掲載しているか?(掲載していれば、ジャーナルのランキングと論文数。)
  2. 専門分野の査読論文を(英語・日本語に限らず)日本のジャーナルに掲載しているか?
  3. 専門分野の専門書(またはその一部)を執筆しているか?
  4. 専門分野の一般向け解説書を執筆しているか?
一般向け解説書は専門分野の表層的な理解でも書けるが、専門書はそうではない(それに、専門分野に詳しいと編集者からみなされていないと、そもそも専門書の執筆依頼が来ない)ので、3ができる人は4だけの人より優れている。査読論文を発表するには、少なくとも学界の一部から認められないといけないので、1, 2ができる人の方が3だけの人より優れている。そして1のためには国際的に認められないといけないので、競争範囲が広い分2より優れている。
 
上記の1から4を素人が判断するのはこれまた難しそうに見えて、そうではない。Google scholarで学者名と専門分野(「経済学」とか)を英語・日本語で検索すればいいだけだ。それすら面倒なら、大抵の学者は自分のホームページで業績を公開しているので、個人ページを見つけるだけで済む。
 
上記の基準の例外は、学者の業績が時代を先取りしすぎていて同時代の学界から認められない場合だ。例えば数学者のガロワがこれに該当する。但し、そういう例は極めて稀だ。
posted by Alexis at 09:17 | Comment(0) | 小話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ブログパーツ